スマイルの向こう側

ネタのないネタ人生。 そんな日常を綴ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やばい

ホントにネタがない!
ただでさえmixiに日記を書いててこっちで書くことがないのに、夏休みに入ったことでさらに書くことがなくなった!

最近はちょくちょく1dayでROに入りつつ、ちょくちょくレポートしつつ・・・。
夏休みの課題で一番面倒なのが、国試の問題をノートに切り貼りすることだね!
なにこの図工の時間('A`)
とりあえず他のレポートとかをさっさと終わらせよう・・・。 [やばい]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2006/07/25(火) 22:18:50|
  2. リアル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何バトン?

哉鋳さんのとこから勝手に拾ってきたバトン。
別に日記更新のネタにしようとしてるわけじゃないよっ!!

Q1.ガケから落ちそうな牛乳キャップと、セロハンテープ。どっちを助けよう?
=どっちも特に必要じゃないから無理して助けない(ぁ

Q2.手紙を出しに行ったら、ポストに『このポスト 危険』という張り紙がしてあった。
=『このポスト 危険じゃないです 普通です』と書き足す(ぇー

Q3.アンパンマンの顔が新しいヤツに変えられた後、前の顔はどうなる(又は何処に行く)んだろ?
=学校の給食になってます。

Q4.こんちちは。
=かめはめは。

Q5.コレを持ってるとお金が貯まると言われ、人形を手渡された。でもそれは、どこからどう見てもハニワだった。
=にわにはにわにわとりがいる。
 
Q6.ナルトのぐるぐる渦巻きって、何の為にあるんだろ?
=ナルトがナルトである為にあるのです。
 あれがなければナルトじゃなくなりますから。

Q7.輪ゴムを思いっきり引っ張ってちぎる根性と勇気はある?
=根性と勇気はあるけど義理人情がないのでできません。

Q8.ひたすら叫べ。
(o>ロ<)o近所迷惑だろおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!

Q9.黒板って可愛いよね。
=個性的な趣味をお持ちですね。
 
Q10.「穴があったら入りたい」と思っていたら実際に穴があった。
=穴の危険度にもよるけど入るんじゃないだろうか、主に好奇心で。

Q11.朝起きたら、顔だけヨン様になっていた!!
=ツヨンヌとかまぢ勘弁wwwwwwwwwwwwwwww

Q12.今のアナタより幸せなマリモに生まれ変わらせてあげると言われた。
=幸せかどうかなんて自分次第。
 つまり他人にとっては今の自分より幸せに見えても、それが自分にとって幸せになるかわからないからとりあえずそいつを殴る(何故

Q13.ネクストランナーは5人!!回してくれる?(※必ずYESと答えなさい)
=Yesterday,I said NO. Today too.


[何バトン?]の続きを読む
  1. 2006/07/22(土) 01:37:33|
  2. バトン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

フランス・パリ

最後の国、フランスでの写真。

サモトラケのニケ
ルーヴル美術館より、サモトラケのニケ。

ミロのヴィーナス
ルーヴル美術館より、アフロディーテ像。
通称ミロのヴィーナスですね。

ハムラビ法典
ルーヴル美術館より、ハムラビ法典。
逆光のせいであんまりよく見えませんが(´・ω・`)

ナポレオン3世の居室
ルーヴル美術館より、ナポレオンの居室。

ジャンヌ・ダルク像
ルーヴル美術館の近くにあるジャンヌ・ダルク像。
交差点のど真ん中にありました・・・。

ナポレオン像
ベルサイユ宮殿より、ナポレオン像。

マリー・アントワネット像
ベルサイユ宮殿より、マリー・アントワネット像。

ルイ14世像
ベルサイユ宮殿より、ルイ14世像。

ナポレオン1世戴冠式
ベルサイユ宮殿より、ナポレオンの部屋にあったナポレオン1世の戴冠式。
ルーヴル美術館にある絵とは少しだけ違いがあります。

最高裁判所
パリ市内観光のときに見た最高裁判所。
屋根がものすごい量の金で出来ています。

エッフェル塔
「パリと言えばこれ!」シリーズ。
その1、エッフェル塔。
これも市内観光中に撮りました。

凱旋門
その2、凱旋門。

凱旋門内側
凱旋門の内側。
将軍の名前が刻まれていました。
そして地面には、名も無き兵士の墓もありました。

凱旋門螺旋階段
凱旋門の上にのぼるための螺旋階段。
延々と上り続けなければならないのかと思うくらい長かった・・・。

ノートルダム寺院
その3、ノートルダム寺院。

ノートルダム寺院・ステンドガラス
ノートルダム寺院のステンドガラス。
実際に見るとかなり綺麗でした。

ノートルダム寺院・賛美歌
ノートルダム寺院内で見て回っていると、いきなり賛美歌が。
司祭の人が歌っていたので記念に撮ってみました。

ムーラン・ルージュ
自由行動のときに行ったムーラン・ルージュ。
映画の内容はあんまり覚えてないんだけどねっ!

オペラ座
オペラ座の舞台&観客席。
これはかなり興奮しましたょ。

モンマルトルの丘
モンマルトル地区の丘に建つサクレ・クール聖堂。

サクレ・クール聖堂
丘をのぼって間近くで撮ってみました。


はい、3ヵ国分の写真を簡単な説明だけでお送りしました~!
mixiにはしっかり書いたんだけどねぇ・・・。
コピペでもすればよかったかなぁ?
まぁこんな感じの10日間でした!
  1. 2006/07/17(月) 21:49:17|
  2. リアル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

デスノート

今日友達にデスノートの最終巻を借りてきました!
今から読もうと思いますヽ( ´ー)ノ
どんな結末になるのかワクワクドキドキ☆

俺の予想としては、実はライトの母親が黒幕で、ライトは母親の手のひらで踊らされていただけだった!
侮りがたし・・・名も無き母親(ちゃんと名前あります

というわけで読んできます~。
☆⌒(*^-゜)ノ~♪see you again♪~ヾ(゜-^*)⌒☆


[デスノート]の続きを読む
  1. 2006/07/10(月) 19:52:39|
  2. リアル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スイスにて

オランダの次に行ったスイスの写真です。

ラインの滝
ラインの滝。
高さはないけど、水量が多いです。

教会・上部
↓の写真と合わせてご覧下さい(ぁ

教会・下部
収まりきらなかったんで2枚に分けました。
リヒテンシュタイン公国にあった教会です。

馬の彫刻
リヒテンシュタイン公国にあった馬の彫刻。
木でできてました。

バス?
これもリヒテンシュタインにあったもの。
列車のような外観だけど、バスっぽい。

風景
チューリヒに向かう途中の風景。

犬
チューリヒに向かう途中、バスの前を走っていた車。
肩の部分に犬が乗ってました。

時計
チューリヒのスイスホテルにあった時計。
四面には東京、ロサンゼルス、ワシントン、チューリヒの時間がありました。

ライオンの像
ルツェルンにあるライオンの像。
ルイ16世を最後まで護衛し続けて死んでいった傭兵をライオンに見立てているらしい。
写真で見えるかわからないけど、悲しげな表情と身体に刺さった矢が印象的でした。

ポットホール
ルツェルンにある氷河公園のポットホール。
氷河の溶解水の力によってできたそうです。

カペル橋
ルツェルンにあるカペル橋。
欧州で一番古い木造建築物だそうです。

カトリック教会
ルツェルンにあるカトリックの教会。

ホフ教会
ルツェルンのホフ教会。

ホフ教会内部
ホフ教会の中にある装飾品。

ホフ教会内部2
同上。

ホフ教会パイプオルガン
ホフ教会のパイプオルガン。
かなり大きかったです。

旧墓地
ホフ教会の裏手にある旧墓地。
この周辺にいっぱい埋まってるっぽいことが書かれてました。
でも言葉が読めないんで確実ではありませんが(´・ω・`)

城壁
ルツェルンの街を囲・・・んでるのかわからないけど、昔は守っていたであろう城壁。

昼食
ルツェルンで食べた昼食。
美味しく無さそうに見えるけど、作ってるのは美味しそうに見えたんだよヽ(`Д´)ノ

白鳥
昼食をベンチで食べてると歩いて寄ってきた白鳥。
隣に座っていた人の荷物を食おうとしてました。

風景2
グリンデルワルドに向かう途中の風景。
奥に見える雪山はアイガーです。

風景3
同じく風景。
ここにも少しアイガーが見えます。

風景4
グリンデルワルドから登山列車に乗っているときの風景。

風景5
ユングフラウという山の頂上にある展望台から撮った風景。
空が紫なのは日差しが強すぎたせいかもしれない。

熊
同じく頂上にある氷の宮殿の熊の彫刻。

鳥
これも氷の宮殿にある鳥の彫刻。

クリスタル
氷の宮殿にあるクリスタル。
かなり綺麗でした。

登山列車
中腹まで降りてきたところの風景。
登山列車も写ってます。

風景6
中腹で撮りまくった風景その1。

風景7
その2。

風景8
その3。

新田次郎氏の墓
山岳小説家の新田次郎氏の骨を分骨した墓。

滝
けっこう下まで降りてきたときにあった滝。
名も無き滝。


以上、スイスの風景を主にお送りしました。
やっぱりスイスは景色がいいね~。
次は最後のフランスです。
お楽しみに~♪


[スイスにて]の続きを読む
  1. 2006/07/09(日) 16:44:07|
  2. リアル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海外研修・オランダ編

オランダ・アムステルダムでの写真と簡単な説明を書いていきます。

アムステルダム
これはアムステルダムの町の風景。
泊まったホテルの前から撮りました。

レンブラント像
レンブラント広場にあるレンブラント像。
ホテルのすぐ近くにありました。

アムステルダム・王宮
アムステルダムにある王宮。
3日目の朝に歩き回ったときに行きました。

蝋人形館
王宮の近くにあるマダムタッソー蝋人形館。
小さく見えるのが蝋人形です。

アムステルダム・西教会
同じく3日目に回った西教会。
ここの隣にアンネフランクの家があります。

アンネフランク
市内観光で行ったアンネフランクの家の前にある像。

風車
同じく市内観光で行った風車。

木靴作り
これも市内観光で行った場所。
木靴を作ってる最中です。

木靴
木靴を作っている小屋の前にあった木靴。
上に微妙に見えてるのはベンチです。

救急車
オランダの救急車。
研修先が病院じゃなくなって見れないかと思ってたら、自由時間に歩き回ってるときに発見。

ハイネケンビール醸造所
ハイネケンビールの醸造所。
ちょっと遠めからだったからあまりうまく撮れてません(´・ω・`)

国立博物館
国立博物館入り口。

国立博物館・全様
ちょっと遠くから撮った国立博物館。

国立博物館・門
国立博物館の門。

ゴッホ美術館
ゴッホ美術館の一部。
ガイドブックにも載ってます!

[海外研修・オランダ編]の続きを読む
  1. 2006/07/06(木) 19:11:48|
  2. リアル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

J.B

Author:J.B

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。