スマイルの向こう側

ネタのないネタ人生。 そんな日常を綴ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スイスにて

オランダの次に行ったスイスの写真です。

ラインの滝
ラインの滝。
高さはないけど、水量が多いです。

教会・上部
↓の写真と合わせてご覧下さい(ぁ

教会・下部
収まりきらなかったんで2枚に分けました。
リヒテンシュタイン公国にあった教会です。

馬の彫刻
リヒテンシュタイン公国にあった馬の彫刻。
木でできてました。

バス?
これもリヒテンシュタインにあったもの。
列車のような外観だけど、バスっぽい。

風景
チューリヒに向かう途中の風景。

犬
チューリヒに向かう途中、バスの前を走っていた車。
肩の部分に犬が乗ってました。

時計
チューリヒのスイスホテルにあった時計。
四面には東京、ロサンゼルス、ワシントン、チューリヒの時間がありました。

ライオンの像
ルツェルンにあるライオンの像。
ルイ16世を最後まで護衛し続けて死んでいった傭兵をライオンに見立てているらしい。
写真で見えるかわからないけど、悲しげな表情と身体に刺さった矢が印象的でした。

ポットホール
ルツェルンにある氷河公園のポットホール。
氷河の溶解水の力によってできたそうです。

カペル橋
ルツェルンにあるカペル橋。
欧州で一番古い木造建築物だそうです。

カトリック教会
ルツェルンにあるカトリックの教会。

ホフ教会
ルツェルンのホフ教会。

ホフ教会内部
ホフ教会の中にある装飾品。

ホフ教会内部2
同上。

ホフ教会パイプオルガン
ホフ教会のパイプオルガン。
かなり大きかったです。

旧墓地
ホフ教会の裏手にある旧墓地。
この周辺にいっぱい埋まってるっぽいことが書かれてました。
でも言葉が読めないんで確実ではありませんが(´・ω・`)

城壁
ルツェルンの街を囲・・・んでるのかわからないけど、昔は守っていたであろう城壁。

昼食
ルツェルンで食べた昼食。
美味しく無さそうに見えるけど、作ってるのは美味しそうに見えたんだよヽ(`Д´)ノ

白鳥
昼食をベンチで食べてると歩いて寄ってきた白鳥。
隣に座っていた人の荷物を食おうとしてました。

風景2
グリンデルワルドに向かう途中の風景。
奥に見える雪山はアイガーです。

風景3
同じく風景。
ここにも少しアイガーが見えます。

風景4
グリンデルワルドから登山列車に乗っているときの風景。

風景5
ユングフラウという山の頂上にある展望台から撮った風景。
空が紫なのは日差しが強すぎたせいかもしれない。

熊
同じく頂上にある氷の宮殿の熊の彫刻。

鳥
これも氷の宮殿にある鳥の彫刻。

クリスタル
氷の宮殿にあるクリスタル。
かなり綺麗でした。

登山列車
中腹まで降りてきたところの風景。
登山列車も写ってます。

風景6
中腹で撮りまくった風景その1。

風景7
その2。

風景8
その3。

新田次郎氏の墓
山岳小説家の新田次郎氏の骨を分骨した墓。

滝
けっこう下まで降りてきたときにあった滝。
名も無き滝。


以上、スイスの風景を主にお送りしました。
やっぱりスイスは景色がいいね~。
次は最後のフランスです。
お楽しみに~♪



>ディバさん
ありがと~ヽ( ´ー)ノ
ホント無事でよかった!

>しゅるさん
ありがと~!
お土産は写真と日記で我慢してくださいっ!

>okapiさん
ホントは市内観光にアンネフランクの家は入ってなかったんだけど、みんなの要望で行くことになりました。
スイス、フランスと違いオランダは日本人がほとんどいないねぇ。
雨に降られたのはラインの滝に行ったときだけでしたヽ( ´ー)ノ
スポンサーサイト
  1. 2006/07/09(日) 16:44:07|
  2. リアル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<デスノート | ホーム | 海外研修・オランダ編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jbsmile.blog65.fc2.com/tb.php/72-23770b0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

J.B

Author:J.B

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。